阪神・淡路大震災ページを担当しました

神戸ルミナリエが現在開催中です。

今年のスタートの少し前に発売された関西ウォーカーで、

「神戸、未来に向かって。」という特集を担当しました。

神戸ルミナリエは今年で25年目、阪神・淡路大震災から25年。

震災当時のまちとその現在、当時救援や報道に当たった方の話、

大丸神戸店が再開するまでの物語。

まちの情報誌で掲載する内容なのか、と思う方もいるとは思います。

しかし、情報誌だからこそ、まちと共に歩み続けるのです。

忘れてはいけないし、そこには未来に思いを託す人もたくさんいる。

その姿を発信したのが今回の特集。

私たちは情報を届ける側です。つまり私たちが注意深く見るかどうかで、

もしかすると届くことなく消えていく情報もあります。

また見るときの姿勢で、情報の精度も変わってしまいます。

情報に携わる身として、いろいろなことを学ばせてもらった企画でした。

Works