コアな社内報、やっています。

DSC_1383

弊社では、少しではありますが社内報の制作を担当しています。

現在お手伝いさせていただいているクライアントは、東京のとあるホールディングス。
グループ報ですね。担当して6年目に入りました。

一般的に社内報というと、社内や社に関連する情報を社員に伝えることを旨としていますが、
弊社が担当しているものは、それを目指しません。

目的はただひとつ、社内コミュニケーションのきっかけをつくること。

そのためには社の情報に詳しくなるだけではなく、
社員になりきるほどの気持ちを必要とします。

社の情報に詳しくなる=寄り添う
社員になりきる=擬態する
とでも言いましょうか。

時には社員の気付きのために、世の中の話から特集を作り込んでいくこともあります。
一般的に言われていることの裏側を掘り返し、チラ見させる。

このスタイルが徐々に浸透してきて、最近では、会うと感想を聞かせてくれることもあり、
それがまた、次への参考になる、という好循環。

また、そこから派生して、昨年からはクライアントの新卒採用ツールも弊社が担当することになりました。
これは結構タイヘン。

毎回グッと掘り込むため、社内報制作は多くを手がけることはできません。

じっくりお付き合いいただける所であれば、お手伝いしてみたいと思います。

Works